美容・健康・ダイエット・身体のコンプレックス解消などあなたのキレイを応援する情報サイトです。

モッチスキンを使いました!毛穴汚れがスッキリして潤う効果は?モチモチ泡の使い心地は?

 

☺イボがポロリ!?ホットピーリングジェル!
スーベ(SU-BE)EX

☺美白&日焼け止めがコレ1本で!
[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

☺女性ホルモンがダイレクトに!
センストラ女性用[NewtonEverettBiotech社製]

☺イボがポロリ!?ホットピーリングジェル!
スーベ(SU-BE)EX

☺美白&日焼け止めがコレ1本で!
[BIHAKUEN]UVシールド(UVShield)

☺女性ホルモンがダイレクトに!
センストラ女性用[NewtonEverettBiotech社製]

この記事を書いている人 - WRITER -

この記事は目次まで約20秒で到達できます。すべて読むと約6分50秒かかります。

毛穴の開きや汚れ、角栓などが気になり、

くすみや肌荒れ、ニキビなど肌の乾燥でお悩みのあなたに!

泡立てネットが不要で、ワンプッシュするだけで驚愕のモチモチ泡ができあがり、

毛穴・くすみ・汚れをごっそり大掃除してくれると評判の洗顔料

「モッチスキン」

酵素パワーとモチ泡でなかなか落とせないタンパク質の汚れを絡み取り、

美容液成分と高級オイルで洗い上がりしっとり!

1プッシュで簡単手間いらずにモチ泡ができるという優れもので、

毛穴汚れがスッキリ落ちてつっぱらずしっとり肌になれると人気です。

簡単に毛穴レスになれる!と口コミで評判の洗顔料であり、

簡単にモチモチ泡ができるという便利さもあって気になり、

実際に使ってみることにしました。

果たして毛穴の開きや汚れ、角栓が解消されて

スッキリ毛穴レス肌になれるのか?なれないのか?

洗い上がりはつっぱらずしっとり肌になることは嘘?本当?

モチモチ泡の使い心地は?

使ったものにしかわからないヒミツを紹介します。

購入の参考になれば!と思います。

>>モッチスキンの詳細はコチラ<<

モッチスキンのレビュー!モチモチ泡が簡単にできる洗顔!毛穴やくすみに効果はある?

画像のように伸びまくる泡!

これが洗顔ネットで泡立てる必要もなく、1プッシュするだけで

簡単にモチモチ伸びる泡ができると評判の洗顔料

「モッチスキン」

伸びる泡だけではなく、吸着力があり、毛穴の汚れや角栓、

くすみの原因である古い皮脂などを絡めとり、

毛穴すっきりの大掃除をしてくれる優れものです。

また、洗顔後の肌がつっぱらずしっとり肌になるのも評判であり、

雑誌やWebニュースでも紹介され、口コミが口コミを呼び、人気商品になっています。

泡立てる必要がなく、簡単にモチモチ泡になれるところが気になり、

伸びの良さや吸着力を試してみたくなって、実際に使ってみることにしました。

果たして簡単にモチモチ泡ができるのか?できないのか?

毛穴の開きや角栓、汚れ、不要な皮脂をスッキリ絡め取ってくれるのは嘘?本当?

洗い上げりがしっとり潤い肌になれるのか?なれないのか?

使ったものにしかわからないヒミツを紹介します。

購入を迷われている方の参考になれれば!と思います。

モッチスキンはこんなものです。

モッチスキンの大きさは高さ19cm、直径4cmで制汗スプレーのような感じです。

1プッシュで泡立ていらず、のびーるもっちり吸着泡のできあがり!

洗い上がりはしっとり、つるるん!

このように書かれていました。

商品の裏面の拡大画像です。

内容量が150gで価格が1,800円です。

1プッシュでピンポン玉ぐらいの大きさで1回分の使用になり、

約60回分使えるということです。

朝晩洗顔するとだいたい1本で1カ月持つもの!という感じです。

1回30円で洗顔ができる計算になります。

使用方法や成分一覧表、注意事項などが記載されています。

注意事項に関しては、他の洗顔と同じなので省きますが、

モッチスキンは高圧ガス(LPG/炭酸ガス)を使用した可燃性の製品です。

①炎や火気の近くで使用しないこと。
②火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
③高温にすると破裂の危険があるため、40℃以上となる所に置かないこと。
④火の中に入れないこと。
⑤使い切って捨てること。

このように火気と高温に注意しなければなりません。

これを読んで洗顔料なのに殺虫剤を取り扱うみたいな不思議な感じでした。

でも、この高圧ガスのおかげで1プッシュするだけでモコモコ泡ができるので

この注意事項だけは守って使用することにしてくださいね。

製造販売元:(株)ジェイ・ウォーカー

MADE IN JAPAN製です。

キャップを取った画像です。

泡の取り出し口が面白かったので写真を取りました。

取り出し口の後ろの部分にプッシュできるようになっており、

押すだけでこの部分からモコモコ泡が出る仕組みになっています。

どんな泡の出方がするのか気になったので軽くプッシュしてみました。

強く押すと一気にピンポン玉まで膨らんでしまうので、

本当に軽く押してみることにしました。

出てくる時点でもうすでにモチモチ泡になっていることがわかります。

モッチスキンの外見はこんな感じでした。

泡立てる必要がないのが何よりも簡単手軽に使えるところがいいです。

ちなみに匂いは全くなく無臭です。

では、これを使って洗顔をしてわかったヒミツを書く前に、

使い方や注意事項を紹介します。

モッチスキンの使い方や使用上の注意

使い方はいたって簡単!

1プッシュで粘度の高い泡が出てそれをこすらずにクルクルするだけで

毛穴の汚れや古い角質や皮脂などを吸着してくれます。

あとは洗い流すだけでO.K!

毛穴の開きや角栓が気になる場合は、

画像のように温めて毛穴を開き、そこにモチモチ泡をたっぷり浸透させて

キレイになった毛穴に洗顔後冷たくして引き締める!

こんなスペシャルケアもあります。

なので、毛穴が気になる方は、温めて毛穴を開かせた状態で使う方法がかなり効果的です。

これは私もやりましたが、かなりお勧めです。

モッチスキンは簡単に泡が出て、洗顔がすぐにできる優れものですが、

使い方に少し注意しなければなりません。

使用上の注意事項の動画です。

・使う前に上下に振る!

・立てた状態で泡を出す!

モッチスキンの中身は洗顔原液とガスが入っています。

ガスのチカラによって原液を泡立ててモチモチ泡が出る仕組みです。

なので、使う前は必ず振って、泡を取り出す時は立てて使う!

これだけを守れば、なくなるまでモチモチ泡がちゃんと出ます。

では、この使い方を守って朝晩の洗顔になくなるまで使ってみました。

果たしてその効果は?

モッチスキンを使ってわかった効果のヒミツとは?

これから紹介することは個人の感想です。

効果・効能を示すものではありません。

モッチスキンを使ってわかった肌変化を書きますが、

すべての方に効果があるといえません。

なので、参考程度に読んでくださいね。

1プッシュするだけでシューワァっと泡が出てきます。

ピンポン玉以上の大きさの泡が出てしまいました(笑)

粘りがすごく、原液の粘りと泡が混ざっている感じです。

泡がよく伸びます。

口コミでカスピ海ヨーグルトみたいということが書いてありましたが、

まさにそんな感じで、粘り気が多い濃密な泡という感じです。

このモチモチ感が泡立てる必要がなく作れるところがいい!

この泡をお肌にあててクルクルしている画像です。

この後水で洗い流して洗顔は終了します。

では、実際に使ってみた感想は?

・とにかく簡単!

 

泡立てる必要がなく、出た泡をそのままお肌に使えるところがいい!

粘りっ気があって濃密な弾力泡がすぐ使える!

洗顔ネットなどで泡立てる手間が省けます。

しかも、泡以外に美容液成分やオイル成分の液体が残っている所もいい!

面倒なことをしなくていいところがありがたかったです。

・肌を傷つけることがない!

 

こする必要がなく、泡を乗せてクルクルするだけなので

肌を傷つけることが全くありません。

これで本当に毛穴汚れが落ちるのか?不安になりましたが、

その心配が全くなかったです。

・つっぱらず肌が潤っている!

 

洗い上がり後の肌状態は、スッキリして潤っています。

この潤いは正直驚きました。

つっぱることが全くなく、しっとり状態が続きます。

乾燥肌だったのが、この洗顔のおかげでカサカサしなくなりました。

・毛穴が本当にスッキリ!

 

肌がしっとりしていると同時に、毛穴がキレイになっています。

また、古い角質や皮脂なども落ちているのがわかり、

肌が明るくなっています。

 

モッチスキンを使ってみてこのようなヒミツがわかりました。

メリットばかりでしたが、あえてデメリットをあげると、

なくなりかけるころの泡立ちが少し足らなくなります。

これは使い方の問題かもしれませんが、必ず振って立てて泡を出せば問題ないと思います。

私の使い方は振ってはいましたが、たまに寝かせて出していたりしたので

なくなりかけたころにはガスがなくなっていたのかもしれません。

効果面に関してのデメリットは全くなかったです。

上記に書いたことはあくまでも私個人の感想なので

すべての人がこのようになるとは言い切れません。もちろん個人差があります。

使い心地が悪く、肌に合わない方もいるでしょうし、

私以上の効果の実感を得る人もいると思います。

使った私が言えることは、

・簡単便利!

これに尽きます。

ネバっとした濃密泡と毛穴洗浄力が優秀で

つっぱることもなく、肌をしっかり保湿してくれる!

これは口コミの評判通りのものということがわかりました。

スッキリ・しっとりするので一度は使ってほしいものだと思います。

>>モッチスキンの詳細はコチラ<<

モッチスキンがお得に賢く購入できる方法とは?

モッチスキンを実際に使ってみて、かなり優秀な洗顔料ということがわかりましたが、

果たしてどこで販売しているのでしょうか?

お得に賢く購入できる方法を紹介します。

モッチスキンは画像のように様々な店舗で販売があります。

ただ、一部取り扱いのない店舗や、TVで紹介されて人気商品なので在庫がない場合があります。

なので、あなたのお近くに該当するお店がある場合は、

必ず取り扱いや在庫の有無の確認が必要です。

また、モッチスキンは全国の人が確実に手に入るように通販でも販売しています。

モッチスキンは株式会社ジェイ・ウォーカーというところが

正規に販売している公式サイトになります。

公式サイトを確認すると

1本1,800円(税別)+送料

1本5,100円(税別)+送料無料 1本当たり1,700円!

このような値段で販売していました。

定価が1本1,800円なので、店頭販売価格と同じです。

ただ、通販で1本購入だと送料がかかります。

お試しのつもりで1本購入される場合は送料がかかるので、店舗で購入した方がお得です。

通販でお得なのは3本まとめ買いです。

1本1,700円で購入でき、送料無料になります。

これは店舗で購入するよりも安い!しかも送料無料なので商品代だけでO.K!

使ったことがないのにいきなり3本まとめて購入するのは勇気がいりますが、

この購入方法が一番お得に賢く購入できる方法です。

お試しするのならお近くの店舗で購入されるのがお得ですが、

まとめ買いされるのなら、公式サイトでの購入が断然お得です。

あなたのお好きな購入方法で購入してくださいね。

>>モッチスキンの公式サイトはコチラ<<

モッチスキンの配合成分とは?

モッチスキンは洗顔原液に高圧ガス(LPG/炭酸ガス)を混ぜることによって

泡立てる必要がなく、濃密な泡が簡単にできてすぐに使えるという特徴がありますが、

この洗顔原液にはどのようなものが入っているのか?説明します。

画像のように酵素+クレイ+はちみつ+高級オイルが配合されています。

・パパイン酵素
肌に負担をかけることなく不要になった汚れのみを分解・除去する成分。
汚れや黒ずみを分解し取り去ってくれます。

・マリンシルト
沖縄の海底だけに存在する貴重な泥であり、吸着力が抜群!
大量のイオンを含み、粒子が非常に細かいので毛穴の奥までしっかり吸着してくれます。

・はちみつ
保湿力があり、肌の水分を長時間保ってくれる効果があり、分子が非常に細かいので
くすみの原因である古い角質を落とす効果も期待されています。

・アルガンオイル
モロッコの黄金と呼ばれ、モロッコの南西部にしか生息しない希少なオイル。
ビタミンEやオレイン酸などが豊富に含まれています。
オーガニック基準であるエコサート認証を取得した高品質なアルガンオイルを配合しています。

・バオバブオイル
別名「魔法のオイル」と呼ばれるレアオイル。
数種の高純度脂肪酸やビタミンを配合しており、高い保湿力で
くすみやたるみを予防します。

このような成分がガスに含まれて

分解⇒吸着⇒絡めとる⇒保湿

このサイクルを繰り返してくれます。

洗浄力にこだわった酵素やクレイ!

キレイになった肌をしっかり保湿するはちみつや高級オイル!

これだけの成分が洗顔原液として含まれています。

モッチスキンは毛穴の悩みの救世主!?

いかがでしょうか?

酵素パワーとモチ泡でなかなか落とせないタンパク質の汚れを絡み取り、

美容液成分と高級オイルで洗い上がりしっとり!

これが泡立てずに1プッシュで簡単に濃密泡を作ることができます。

しかも、着色料と合成香料フリーの低刺激!

肌に優しくしっかり毛穴や古い角質などを落としてくれます。

これが1本1,800円!

3本セットなら1本あたり1,700円で購入することができます。

簡単に濃密泡ができるのは本当に楽です。

粘りっ気のある伸びる泡も使い心地がよく、洗顔後肌が潤います。

これはお試しする価値は十分にあると思いますよ!

是非一度お試しくださいね。

お勧めします。

>>モッチスキンの公式サイトはコチラ<<

 

手っ取り早く脂肪を漢方で溶かす!  錠剤と粉末です。
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 美人応援団 , 2018 All Rights Reserved.