ビタノートのレビュー!尿を取って実際に栄養検査をしてみました。

ビタノートのレビュー!尿を取って実際に栄養検査をしてみました。

その他お役立ち
この記事は約9分で読めます。

あなたの飲んでいるサプリメントや健康食品は本当に身体に吸収しているのか?

しっかり足りない栄養素を補給できているのか?

また、身体や美容、ダイエットなど様々な悩み解消にどの栄養素をどれだけ摂ればいいのか?

全くわからないですよね?

そこで尿を取るだけであなたの不足する栄養素や過剰になっている栄養素が

一発でわかると評判の栄養検査キット

「ビタノート(VitaNote)」

自宅で専用の容器に尿を取って送るだけで、

タンパク質、ビタミン7種、ミネラル6種、酸化ストレスの15種類もの栄養素が

何が不足して何が過剰なのか?

グラフ化されてPCやスマホから簡単に見ることができ、

栄養吸収量を可視化できる極めて画期的な検査キットです。

自分の身体に不足する栄養素や過剰な栄養素を正しく把握でき、

健康管理や体質改善などに生かすことができる優れもので、

実際にどんなものなのか気になり、検査をすることにしました。

ビタノート(VitaNote)とはどのようなものなのか?

どうすれば検査できるのかなど、詳しくレビューします。

栄養検査をしてみたいな!でも・・とお悩みの方に参考になれれば!と思います。

尿で栄養吸収量がわかる検査キット【VitaNote】

ビタノートの種類や料金

ビタノートの種類や料金などの詳細をまとめました。

宜しければご覧くださいね。

ビタノートの種類や料金

ビタノートを使ったきっかけは?

尿を取って送るだけで不足する栄養素や過剰な栄養素がわかる検査キットとして評判の

「ビタノート(VitaNote)」ですが、以前にブログで紹介していて

気にはなっていて一回検査してみよう!と思っていたのですが、

キレイに忘れてしまい、何事もなかったかのように過ごしていました。

そんな時、主人宛に荷物が届き、主人が嬉しそうに私に見せながらこう言いました。

「尿を取って送るだけで栄養状態がわかる!」

「すごいだろ?」

よく見ると「ビタノート(VitaNote)」やん!

主人は40代後半の中年メタボ男性で、運動はしないくせに健康オタクになっていて

ダイエットサプリや滋養強壮サプリ、HMBサプリ、目のサプリなど、

色々買っては飲んでやめてまた次のサプリを探している!

こんな生活を送っていました。

ビタノート(VitaNote)はネットの広告で知ったみたいで、

自分が今飲んでいるサプリ(ちなみにHMBサプリだそうです)はしっかり栄養素が取れているのか?

不足している栄養素は何なのか?

詳しく知りたくなり、ビタノート(VitaNote)を入手したみたいです。

なので、私は検査をしていませんが、いいタイミングで主人が検査するので

ビタノート(VitaNote)とはどんなものなのかをレビューしてみようと思います。

ビタノートとはどのようなものなのか?栄養検査の流れをレビュー!

ビタノート(VitaNote)がどのような流れで検査できるのか?

どんなものなのか?

実際に主人の栄養検査をもとにレビューしていきます。

購入からは発送までの流れをレビュー!

①ネットでビタノート(VitaNote)を購入

最初に、ビタノート(VitaNote)を販売しているサイト⇒VitaNote

ここで検査キットを購入します。

②ビタノート(VitaNote)が届く

しばらくすると、

このような白い箱に入った検査キットが郵送で届きます。

画像右のモザイクの部分に12桁の検体IDが表記されています。

このIDはネットやスマホで検査結果を見るときや、ネット上で初回時に問診で使います。

③箱を開けて中身確認と説明書をよく読む

箱の中身を全て取り出した画像です。

尿を取るコップや尿検体容器、袋、返信用封筒、安定剤、説明書が入っています。

画像右上の取り扱い説明書は必読です。

説明書にも12桁の検体IDやマイページのURL、QRコードなどが印字されているので

検査終了後までなくさないように取っておいてください。

④朝一の尿を取る

朝一番の尿を取ります。

画像左の採尿カップを組み立てて尿を取って検体容器に入れるだけなのですが、

尿を取る前に画像右の安定剤を検体容器に入れておくことを忘れないようにしてください。

また、尿は検尿と同じで、中間尿を検体容器の線まで注ぎ、キャップを閉めて軽く振ります。

これで完成です。

検体容器にも12桁の検体IDシールが貼ってあるのでモザイクを入れました。

やることは検尿と全く同じなので、戸惑うことはありません。

ただ、検体容器に尿を取る前に安定剤を入れることは忘れないようにしてくださいね。

尿を取ってから入れてもいいですが、尿があふれ出す可能性があります。

なので、必ず先に安定剤を入れてくださいね。

⑤検体袋に入れて封筒に入れて発送

検体容器を付属の黒い検体袋に入れて付属の封筒に入れてポストに投函すれば終了です。

めちゃくちゃ簡単です。

何度も言いますが、検尿をされたことがある人なら誰でもできます。

⑥補足事項として

朝一番の中間尿を取って検査前の3~4日間の食事内容を平均的に示すことが研究で分かっています。

また、性別を問わず、1歳以上の方ならば誰でも検査可能です。

女性の方は生理中でも検査可能で、薬を飲んでいても可能みたいです。

ただ、薬に含まれる成分で稀に異常値を示すことがあるのは注意してください。

ビタノート(VitaNote)の購入から発送までの流れをレビューしました。

時間で言うとものの5分もかかっていません。

たったこれだけで身体に不足している栄養素や過剰な栄養素がわかる!

これには非常に驚きました。

実はビタノート(VitaNote)はコレだけでは終わりません。

次にネット上で検査結果を見る準備としてマイページ登録と検査IDの登録が必要になります。

ネット上のマイページ登録と検査IDの登録の流れ

①MYページを登録する

説明書にQRコードやURLが掲載されているのでそこにスマホやパソコンでアクセスし

画像の新規登録ボタンを押してメールアドレスとパスワードを記入して送信する。

送信後、登録したメールアドレスに仮登録のメールが届くので

開いてもらって本登録のリンクを踏んでもらい、本登録が完了します。

②12桁の検体IDを登録

MYページにログインし、画像左上の検査をはじめるボタンを押し

12桁の検体ID番号を入力して下のボタンを押す。

③プロフィール登録と自分の状況の問診票に答えていく

性別、生年月日、身長、体重、運動時間、採尿した日、理想に近い状態、日常生活のついて、

仕事、健康状態、飲んだサプリの種類、自覚症状、食事チェックなどの質問があり、

画像のように該当する部分にチェックを入れたり、数字を入れたりして質問に答えていきます。

かなりの質問量がありますが、選ぶだけなのでそこまで時間がかかりません。

ビタノート(VitaNote)が尿検査と問診を元に結果を出している!

ということがわかります。

なので、面倒かもしれませんが、適当に答えるのではなく、ちゃんと自分のことを答えた方がいいです。

全ての質問に答えると、ネット上の登録は終了です。

あとは1~3週間後に検査結果のメールが届きます。

これでビタノート(VitaNote)の検査が終了になります。

ネット上の登録は尿検査をする前でも可能です。

ビタノート(VitaNote)を購入して先に登録しても構いません。

主人の場合は尿検査をして発送後にネット上で登録していました。

検査結果までに時間がかかるので、この方が効率的だ!といっていましたが、

尿検査を発送したら、必ずネット上の登録は済ませてくださいね。

でないと検査ができなくなるみたいなので・・

ビタノート(VitaNote)の検査の流れは以上です。

尿を取って送るだけだと思っていましたが、検査する人の詳細な問診があります。

といっても、そんなに時間がかかるわけでもなく、面倒ではないので

全く手間というものではないです。

あとは検査結果を待つだけです。

では、検査結果はどのようなものなのか?

送られてきた結果をレビューします。

尿で栄養吸収量がわかる検査キット【VitaNote】

ビタノート(VitaNote)の栄養検査結果はどんなものなのか?

検査結果までに1~3週間かかる!と書いていましたが、

尿を送って1週間後には検査結果のお知らせというメールが届きました。

メールを開いてマイページに行くと検査結果のところに検査完了ボタンが追加されています。

そのボタンをクリックすると

画像のように左が栄養バランスがグラフ化されていて、総合評価として100点満点中何点なのか?

総合評価(A~E)などがわかります。

また、どの栄養素が足りなくてどの栄養素が過剰になっているのかが一発でわかります。

さらに酸化ストレス度合いや総合コメントが書かれています。

右側の画像は各栄養素の過不足の判定結果になります。

各栄養素結果の右側の>をクリックすれば詳細が見られます。

画像は不足している栄養素としてEランクの評価を受けたビタミンB2の詳細結果です。

目標量からどれだけ不足しているのかがグラフ化されてわかりやすい!

また、右側はコメントとこれまでの推移というグラフがあります。

このグラフは2回目以降の検査で有効になります。

ビタノート(VitaNote)は1回だけの検査のみのコースと栄養状態の経過がわかる

定期検査コース(毎月・3ヵ月)とがあります。

なので、定期コースだと、次に検査するときにビタミンB2がどれだけ改善できたのかが見れます。

また、画像上のアドバイスというボタンを押してみると

画像のようにビタミンB2の役割や働きが説明されており、

不足するとどのようになるのか?

過剰だとどのようなことが起こるのか?

このようなことが説明されています。

さらに、画像上のアドバイスの横にある食品というボタンをクリックすると

ビタミンB2が多く含まれる食品が一覧で掲載されます。

これは非常にありがたいです。

食品で意識的に摂らなければいけないというものがわかります。

不足するビタミンB2をサプリメントで取ってもいいですが、

他の過剰な栄養素のこともあるでこれは本当に助かります。

逆に過剰な栄養素と判定された場合は、摂りすぎに注意!ということで食事制限ができます。

注意してほしいのは

本検査は健康状態又は疾患の診断を説明するものではございません。 健康状態又は疾患の診断のために本検査結果をご利用することはできません。 健康状態又は疾患の診断・治療については本検査ではなく、医療機関をご利用ください。

このようにサイトに掲載されています。

ビタノート(VitaNote)はあくまでも栄養素の過不足を調べるものなので、

健康状態又は疾患の診断するものではないということを理解してほしいと思います。

この画像は主人の検査結果です。

HMBサプリを飲んでいて、タンパク質は完璧!と喜んでいましたが、

ビタミンB1・B2が不足している所をこれから意識するといっていました。

また、ナトリウムが過剰摂取になっているみたいで、塩辛いものを控えてみる!

といっていました。

こうやって自分の身体の中で栄養素の何が不足して何が過剰なのかがわかると

その後の食生活の改善がしやすいという利点があります。

また、継続して検査すれば、本当に改善できたのかがわかるのでとても助かります。

ビタノート(VitaNote)は、健康状態又は疾患の診断をするものではないですが、

今の段階でわかれば何をどうすればいいのかがわかります。

食生活改善や健康食品、サプリメントを購入する際や

飲んでいる健康食品、サプリメントが本当に吸収されて役立っているのかがわかります。

価格もそこまで高くないので、気になる方は是非検査してほしいと思いました。

自分の身体のことが少しだけでもわかると本当に助かります。

現に主人も食生活に意識するようになっています。

手間がほとんどかからないということも良いと思います。

これはお勧めのものだと思います。

尿で栄養吸収量がわかる検査キット【VitaNote】

ビタノートの種類や料金

ビタノートの種類や料金などの詳細をまとめました。

宜しければご覧くださいね。

ビタノートの種類や料金

 

タイトルとURLをコピーしました